hidetsugushintani001_top
hidetsugushintani00101

使う人の生活に溶け込み、共に育くんでいく家具作りをテーマとする木工職人 新谷 英継(しんたにひでつぐ)とつくる弁当箱。
桜のきめ細かく品のある木肌は手触りがよいだけでなく、丈夫で傷つきにくく毎日使うお弁当箱にぴったりです。カバンに入れやすい細長くてシンプルなデザインで、料理を美味しく引き立てます。また、作家手づくりによる桜製のお箸と、持ち運びに便利なあずま袋もお付けします。結婚や新生活のお祝い、パートナーへのプレゼントとしておすすめです。

     
hidetsugushintani00102 hidetsugushintani00103

カバンに入れやすい細長いデザイン

きめ細かく肌触りのよい桜の木目

     
hidetsugushintani00104 hidetsugushintani00105

底面に名前やメッセージなど好きな文字を入れられます

 

温かみのある木肌が料理を美味しく引き立てます

hidetsugushintani00106 hidetsugushintani00107

男性向け(800ml)と女性向け(600ml)の2サイズから選べます

 

オリジナルのあずま袋もお付けします

木工職人 新谷英継 とつくる
弁当箱

Time:3時間
Price:¥14,000 (材料費・講師料・消費税込)

商品番号

11001
素材 本桜、ウォールナット、ガラス塗装
サイズ 男性用
内容量 : 800 (ml)
本体 : W218 D62 H84 (mm)
女性用
内容量 : 600(ml)
本体 : W188 D54 H84 (mm)
スタジオ 祐天寺スタジオ
(koikoi furniture factory)
同時参加 1名まで
(2名での1点制作は可能です)
お渡し 制作日から1週間以内に発送(日時指定可)
備考 食洗機でのご使用不可
電子レンジでのご使用不可
弁当箱となる木材パーツを切り出したり整えながら組み上げていく作業です。様々な道具とともに、伝統的な木工技術を体験できます。制作時間は約3時間。

1.プログラム説明
完成までの全体の流れと材料や部品についての説明を致します。

2.紙やすり
紙やすりで材料の表面を磨きます。

3.本組み
ベルトストッパーとボンドを使って、お弁当箱本体の組み立てと接着を行います。

4.ふた部位の切り出し
のこぎりを使って、木材の板からふたとなる部位を切り出します。

5.ふたの固定部材の取り付け
瞬間接着剤をつかって、ふたの裏側に固定部材を接着します。

6.側面の削りだし
弁当箱側面に丸みをつけるために、ベルトサンダーを使って削りだします。

7.ふたの仕上げ
側面の丸みに沿ってふたに印をつけて、ベルトサンダーで削りだします。

8.上段固定部材の接着
瞬間接着剤をつかって、ふたの裏側に固定部材を接着してふた部分と箱部分の納まりを微調整します。

9.カンナがけ
接着部分の木材の高さをそろえるために、カンナをかけます。

弁当箱となる木材パーツを切り出したり整えながら組み上げていく作業です。様々な道具とともに、伝統的な木工技術を体験できます。制作時間は約3時間。




木工家具ブランド koikoi furniture factory(コイコイ ファーニチャー ファクトリー)共同主宰。使う人の生活に溶け込み、共に育くんでいく家具作りをテーマとする。日本伝統の木工芸の技で、木の素材感を生かしたシンプルで機能的な家具を得意とする。


アドレス

東京都目黒区祐天寺2-7-12 B1F


アクセス

東急東横線「祐天寺駅」東口より徒歩6分。


Gift your timeでは、制作完了後にお客様のお名前と制作日を記載した制作証明書を発行しています。 制作中の写真を貼付した中面には、贈る相手へのメッセージを記入することができます。また、商品はオリジナルのラッピングでお包みしてお渡ししております。